第13弾、第14弾ご出店者様からメッセージ到着♪


先日来に続き出店者様からのメッセージをお届けいたします。
会場へお越しになる際の、参考にしてください。
それではどうぞ!!

***************************


⑬(1021-candle イチゼロニイチキャンドル)
キャンドル

静岡県御殿場市でキャンドルを作っています。

秋の夜長にキャンドルを灯してみませんか?
未経験の方でも気軽にチャレンジしやすい
ミニサイズのキャンドルをお持ちします。
もちろん飾っておくだけでも可愛いですよ。

皆様のお越しお待ちしております。

***********************


⑭(連花 ~れんか~)
算命学 ・ タロット ・ 手相
私が占いで最も大切にしていることは、すべての人が自分を知り自分らしく生きる。
それが個人個人が幸福に生き、世の中の調和になるということです。

以前北鎌倉を旅したとき、お寺の境内のギャラリーでこんな教えに出会いました。
「鳴いて、鳴いて、鳴き通し鳴いて落ち葉と共に消えてゆくコオロギたちの見事な成仏」
ここでいうコオロギとは、イソップ童話「蟻とキリギリス」で言えば、キリギリスのことですね。
キリギリス(コオロギ)は一生を鳴いて鳴いて鳴き暮らし、天へと召されます。
蟻はせっせと蓄え、冬を越し、また来年も働きます。
蟻は良い子、キリギリスは悪い子?
いいえキリギリスは鳴くのが仕事。
ちゃんと働いていました。
羽が擦り切れるまで一生懸命鳴いて天から貰った宿命をありのままに生き、秋を彩り潔く去ったのです。
天国に行ったら神様が「やァご苦労さん!」と言ってくれますよ。
一方、蟻がキリギリスのように派手な音楽家として生きようと思っても無理があります。
羽がないんですから。
蟻もキリギリスも自然体で、迷うことなく自分の道を生きました。
でも人間はそう簡単にはいかないようです。
なまじ知恵もあるし、親や周りの期待もありますし、
特に現代は膨大な情報と一般論の中で自分を見失ってしまうこともあります。
算命学は占いの域を超えて人間も大自然の一部として、あなたがどんな人なのか
何が得意で何を喜びとし、どんなことに役にたてるのかを教えてくれます。
それらを踏まえてみれば、今までの人生、叶ったこと叶わなかったこと、合点がいくでしょう。
岐路にさしかかったとき、決断をしなければならないとき、
迷路から脱出したいとき、ヒントが見つかるかもしれません。
今回はちょっとライトに10分鑑定で来年の運勢などを中心に占いますが、
恋愛 結婚 仕事 相性でもけっこうです。
勿論 手相、タロットも。





Comments 0

Leave a reply