記しつけと裁断

型紙を作ったら、次は布の裏側に印をつけます。



2Bの鉛筆を良く尖らせて、力を抜き
薄めにさっと引くか
手芸全般にも使える、カリスマシャープペンシルなどを使用して
ラインを入れていきます。

いずれにせよ、寝かせ気味に構えて、上から下にさっと引くように。

ガリガリ・ゴリゴリ書くのは生地が伸びるのでNG [#IMAGE|S30#]

カットする際は柄を意識して印付けをしたり
小さなピースなどは柄を意識せず、端から印をつけていって大丈夫。

また型紙を使って角の印を入れて、型紙をはずしてしまい
改めて定規などを使いラインを入れると、より正確なラインが引けます。

どちらでもかまいません。


同じ布に2枚以上印をつける際は、
縫い代分としてピースとピースの間を2cmほど空けておく。

裁断の際は良く切れるはさみで約1cmの縫い代をつけてカットします。




次回より、ピースワーク(縫い合わせ)に入ります。


カリスマシャープペンシル  金亀㈱

プロ用ラシャはさみ  金亀㈱

サ・シェイ ショップはこちらから>>

Comments 0

Leave a reply